テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録
テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録 > Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)

ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
テクニカルイラストレーションをAdobe Illustratorを使用してゼロから学べる書籍です。本書で勉強すれば国家検定試験『テクニカルイラストレーション技能検定3級』を目指せる技術が身につきます。
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
Adobe Illustratorでの特許図面作成方法を紹介。
■Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)
課題図005
2019/06/21
今回は、以下の図面から立体図を描いてみてください。


昨日”座標法”について書きましたが...別にご意見いただいたわけではないのですが、ちょっと補足です。

基本的に座標と言うと絶対座標ですよね...つまり、原点からX軸方向に何ミリ、Y軸方向に何ミリという...。

でも、昨日の描き方は何ミリ何十°方向という描き方でした。

ちょっと違うでしょ?

言うなれば、相対的距離角度法...面倒ですよね...なんで、ざっくり”座標法”と書きました。

本当の”座標法”は、どこまで行っても原点からの座標で描いていきます。

一応補足として...。


ここでちょっと先行く人は「じゃあ、立体図なんでX軸方向にXmm、Y軸方向にYmm、Z軸方向にZmmっていうのはどう描くの?」なんて思ったりして...。

そういうのは、とりあえずもっと先で書きますね...今は等測面上の位置で描いていきます...これで描ける様にならないと先行ってつまづきます!


では、今日の課題です。



課題図PDFはこちら
標準回答例はこちら