テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録
テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録 > Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)

ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
テクニカルイラストレーションをAdobe Illustratorを使用してゼロから学べる書籍です。本書で勉強すれば国家検定試験『テクニカルイラストレーション技能検定3級』を目指せる技術が身につきます。
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
Adobe Illustratorでの特許図面作成方法を紹介。
■Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)
課題図008  標準回答例
2019/06/25
まず、X面上で簡単に描ける線を¥キー(直線ツール)で以下のように描きます。


これ以外の線は傾斜が付いていますが、角度がわかりません。

そのような時はアンカーポイントの移動で描いていくと良いでしょう。

まず、右下の線ですが、15mm、90°方向に直線を描きます。。


次に、今描いた直線の終点のアンカーポイントを、Aキー(ダイレクト選択ツール)で選択し、Enterキーを押します。

移動距離に10mm、角度に150°と入力してOKをクリックします。


すると図のようにアンカーポイントが移動します。

同様にその移動したアンカーポイントから5mm、90°の直線を描きます。




またこの終点のアンカーポイントをダイレクト選択ツールで選択し、20mm、150°の方向に移動させます。


これをPキー(ペンツール)等でつなげばX面の完成です。


あとは30mm、30°方向にコピーして必要な線を描き加えれば完成です。



では。