テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録
テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録 > Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)

ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
テクニカルイラストレーションをAdobe Illustratorを使用してゼロから学べる書籍です。本書で勉強すれば国家検定試験『テクニカルイラストレーション技能検定3級』を目指せる技術が身につきます。
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
Adobe Illustratorでの特許図面作成方法を紹介。
■Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)
課題図010  標準回答例
2019/06/29
まず、X面上で簡単に描ける線を¥キー(直線ツール)で以下のように描きます。


X面に現れている斜面は、よく見ると奥の頂点と直線で結ばれています。

とりあえず、この線を描いてしまいます。


この線を描くことで、縦線の位置が明確になります。


X面を明確にするため、Cキー(はさみツール)で今描いた線を切ります。


またX面で破線になっている部分も不要ですので、切って削除します。


これでとりあえずX面は完成です。



次にY面です。

明確にわかる部分を描いてしまいます。。


次にZ面に移ります。

判りにくいですが、明確なのは...。


こんな感じでしょうか。

この部分は平面ですので、描いてしまいます。(破線はとりあえずわかりやすいように描きました。)


Z面のこの部分は特に線がありませんので、切り立った壁と考えられます。


この部分は斜面と考えられますので、右のようになります。
(破線はとりあえずわかりやすいように描きました。)


破線を削除して完成です。


では。